男性だけではない?女性の薄毛とは?

女性も薄毛に悩んでいる!その原因は?

薄毛というと、年配の男性が悩むものだと思っていませんか?実は今、多くの女性が薄毛に悩んでいます。しかも10代や20代の若い世代でも薄毛になることがあるのです。
女性が薄毛になる原因としては、ストレスや生活習慣の乱れ、女性ホルモンの減少、ヘアカラーリングなどによるダメージが挙げられます。男性ホルモンによる薄毛としてAGAが知られていますが、女性ホルモンが減ってホルモンバランスが崩れることによる薄毛はFAGAと呼ばれます。年齢とともに薄毛が気になってきたという人はFAGAを疑った方が良いかもしれません。一方、まだ若い世代で薄毛が気になるようであれば、生活習慣やカラーリング、パーマなどによる毛髪や頭皮のダメージが原因と考えられます。

女性の薄毛の対策方法は?

最適な対策法を探るためには、まず原因を特定するのが大切です。女性ホルモンの減少が原因のFAGAかもしれないと思ったら、専門の医療機関を受診するのもひとつの手でしょう。今は女性の薄毛も大分世の中に知られてきて、女性用の育毛剤なども多く販売されています。もし若くして薄毛に悩んでいるのであれば、ストレスや生活習慣について改善を図ることも重要です。特に若い間は就職や結婚、出産など環境が目まぐるしく変化していくため、知らず知らずのうちに生活リズムが崩れていたりストレスを溜め込んでいたりする人も多いです。薄毛のことも気にしすぎはストレスのもとですから、たまには全て忘れて気分をリフレッシュする日をつくると良いですね。また、髪のおしゃれも楽しいですが、カラーリングやパーマをしばらく控えるというのも有効な手段と言えるでしょう。